ガジェット

小さくて心強いヤツ。 Anker Nano II 45Wの開封とMacbook Pro純正充電器との比較

スポンサーリンク

Pocket

昔に比べて電子機器は小型化はかなり進んでいるが、その中でもAnkerのNanoシリーズはMacbookの充電器の新定番として特に話題となっている。

それがコレだ。

指でつまめるサイズのコイツ、45W充電に対応していてiPhoneはもちろんMacbook proの充電までできてしまう。

第2世代の窒化ガリウム(GaN)というものを使用していて、よくわからないがとにかく小さくて高出力の充電を可能にしているということだ。カラーもブラックではなく濃いグレーにマットメタリックな天面で、Apple製品はもちろん僕の使っているLogicool製品とも色の相性が良い。

 

 

ラインナップ

Anker Nano IIシリーズに30W、45W、65Wの3種類のラインナップがある。

30WのみMacbook Pro、PD対応のWindowsPCには対応していない。MacbookAirはどのモデルも充電することができる。もちろんスマートフォンにも充電可能だ。

それぞれスペックと定価は以下の通り。

30Wモデル 45Wモデル 65Wモデル
定価 ¥2,990 ¥3,390 ¥3,990
サイズ 約38 × 32 × 30mm 約38×35×41mm 約44 × 42 × 36mm
重さ 約47g 約68g 約112g

定価とスペックを考えると65Wを買っておけばよいという気もするが、ワット数が大きくなるにつれてサイズも重量も大きくなっている

僕は外でMacbook Proを使う際に使用する想定でAnker Nano IIシリーズを購入するに至ったが、この中からスペックとバランスを考慮して、そこまで急速の充電が必要になる場面がないことと持ち運びの利便性を考慮し、45Wのモデルにした。

 

開封・サイズ感レビュー

まずは届いた外箱がこれ。

スタイリッシュなデザインとは微妙に言えない雰囲気だが、Ankerの青色っていいよね。

 

箱を開けたらこんな感じ。いつもと違ってだいぶ説明的な雰囲気。

だいたいこういうのは分かって買う人が多いから不要にも思うが、Ankerの実店舗もけっこうあったりするので、店頭販売にも適したデザインになっているのだろう。

 

箱から取り出した。付属品は説明書のみで、ケーブルは付属していない

出力端子はUSB-Cのみ。最新iPhoneに付属している「USB-C→Lightning(しかもアダプター無し)」という、どこで使うねんトンデモケーブルもやっとここで活躍できる。

 

ミニマルなデザインかと思いきや、裏面には結構いろいろ書かれてる。使用中は見えないからまあ問題なし。

 

端子はもちろん折りたたみ収納できる。

 

Macbook Proの純正充電器とのサイズ比較。こうしてみると差は歴然。

純正充電器は約7cm四方なのに対し、Anker Nano II 45Wは38×35mmと約半分のサイズになっている。

 

Anker Nano II 45Wのほうが、Macbook Pro純正充電器より少し幅が大きい。

電源タップによっては左右に干渉するので、もし純正充電器でギリギリの場合は注意したほうが良いだろう。

 

使用してみた感想

とにかく軽くて小さい

持ち運びの利便性は天と地の差がある。

手持ちの純正充電器の重さを測ってみたところ重さは203gだったのに対し、Anker Nano II 45Wは69g。サイズも約7センチ四方から38×35mmとほぼ半分くらいの大きさになっている。

何かと小物が多くなりがちな人にとって、充電器の重さと大きさはネックだったかもしれない。それを解決するのにAnker Nano II 45Wは最良の選択だ。

ただし、Macbook Proの純正充電器は13インチのもので61Wなので、さすがにパワーは劣る。それでは困るという方は65Wも選択肢に入れていいだろう。

 

けっこう熱くなる

Anker Nano II 45WにMacbook Proを接続して数時間作業していたところ、充電器はかなり熱くなっていた

触れないほどではないが少し心配になる熱さなので、自宅作業でずっとパソコンに繋ぎっぱなしという用途には向かないかもしれない

ただしAmazonのレビューでは少し熱くなる程度という意見も散見されたので、多少の個体差もあるのかもしれない。いずれにせよ僕は、純正充電器は家で常時接続しておく用Anker Nano II 45Wは外出時に持ち運ぶ用として使用する。

 

安価でおすすめのケーブル

僕が愛用しているケーブルはUGREENのケーブルだ。

このケーブルは安い上に60W/3Aの急速充電に対応しているし、何より端子がメタリックグレーでケーブルも編み込みなのが格好いい。ケーブルの片方がL字になっているのもなにかと省スペースになる。なにより1000円前後でとても安価だ。

僕はこのUGREENのケーブルを2本、家でパソコンの定位置から電源タップまで用に1m、外出用に2mのものを愛用している。

L字ケーブルだからこういう使い方をしてもスタイリッシュ

 

Anker Nano II 45Wまとめ

Macbook Proの純正充電器の大きさと重さにウンザリしていた人は少なくないだろう。

軽量コンパクト、そしてパワフルなAnker Nano 45W IIはMacはもちろんWindowsの充電器の悩みから開放してくれる。デザインもスタイリッシュで、ガジェットポーチの中にあっても映えるデザインだ。

僕のおすすめは45Wだが、MacbookAirを利用している人は30Wのものでも十分だろう。45Wのものより更に軽くておすすめだ。
65Wモデルは少しサイズは大きくはなるが、充電速度やパワーを純正より落としたくない人は65Wにしてもいいだろう。

 

Anker Nano II 45Wモデル

Anker Nano II 65Wモデル

Anker Nano II 30Wモデル

 

Pocket

最新キャンプ動画

スポンサーリンク

-ガジェット
-,

© 2021 CAMPUNKS Powered by AFFINGER5