キャンプ

【お湯が湧くまで○分】ダイソーの五徳と固形燃料でお湯を沸かしてコーヒーを飲んでみた

スポンサーリンク

最近のキャンプブームのおかげでダイソーやセリアなど100均のキャンプ・アウトドア用品がかなり充実している。
あまり汎用性のない細かな道具まで売っていたりする。

そんな中目についたのが、ダイソーの「アルコールバーナー五徳」である。
アルコールバーナー自体は持っていなくてずっと欲しいと思っているのだが、それに合う五徳がなんと100円で手に入る。
まあ普通に考えたら鉄の板三枚でできてしまうシンプル構造なんだけど、五徳にそうこだわる必要もない気がするから、100円で手に入るのはありがたい。

で、アルコールバーナーは持っていないから代わりに同じダイソーの固形燃料を用意し、これでお湯を沸かしてみよう。
もしこれでお湯が沸いたら、バーナーなどを購入する必要がないことを考慮すると焚き火を除き、キャンプ地で最も安く(200円)お湯を沸かす方法になるんじゃないか。

アルコールバーナー五徳の詳細

この五徳はチタンやアルミではなく鉄(亜鉛メッキ)製なので、見た目より少しだけ重い。三枚合わせた重量は87gだった。
重さがあるため逆に使用時に安定感があったり風に飛ばされる心配が少ないというメリットでもある。

 

スリットは2本あり、組み立てる三角形を大小変えられる。
ただ残念ながら小の方でも、スノーピークチタンマグ300を置くにはほんの少し大きく、安定させられなかった。チタンマグ300以上の直径があればこの五徳の上に置くことができるだろう。

 

固形燃料でお湯を沸かしてみる

今回沸かすお湯は500ml。使用するのはキャプテンスタッグのビッグシェラカップ630mlだ。置いた感じ安定感はある。
このシェラカップはステンレス製。蓋はせずに火にかけてみる。

 

五徳の中に固形燃料を入れた図。キャンプ場で使う画が目に浮かぶ。

 

固形燃料に火をつけた。思っていたよりも火力が大きい。これは期待できる!

 


計測スタート。

 

2分経過。すこしだけ泡が立っている。

 

固形燃料はロウのような燃えかすが下にたまる。大事な皿や鍋敷きの上で直接使わない方がいい。

 

8分経過。泡が立っているのでこの時点でもう湧いているのかもしれない。が、激しく沸騰している様子はなし。

 

お湯を沸かしている間に、他にダイソーで購入した「折りたたみドリッパー 」とコーヒーフィルターでコーヒーの準備。
マグカップ、シェラカップ、コーヒー豆を除いてここまでかかった道具代は400円。

 

そうこうしているうちに14分が経過。

 

時間が経つにつれ、固形燃料の火が弱くなっている。

 

20分が経過。あまり見た目は変わらない。

 

23分30秒が経過した頃、固形燃料が尽きた。
風がある室外だとわからないが、ちゃんと記載通りの燃焼時間があり感心。

 

お湯はというと、激しく沸騰することはなくずっとこういう状態。しっかりと沸ききらすにはもう少し火力が必要なのかもしれない。

 

コーヒーをドリップ。
シェラカップから直接注ぐと細かくお湯を注げず溢れてしまうので、箸などで伝えてあげるとこぼさず注ぐことができる。

 

コーヒーをドリップするには十分の温度にはなっていた。飲んだらしっかり熱々のコーヒーになっていた。

 

まとめ

14分あたりが経過した頃から見た目はあまり変わっていなかったので、ずっと保温程度の火力になっていたのかもしれない。

・固形燃料の下に台を置き、カップと火を少し近くする
・カップにをする
・カップの素材をチタン製など熱伝導の高いものにする

上記の工夫をするともっとお湯が湧くのが早くなるだろう。

ただそもそもコーヒーやカップラーメンを作るのに500mlも必要ないので、必要な分だけの水量にすれば同じ条件でももうすこし簡単にお湯を作れるだろう。

結果は文字通り煮え切らない感じにはなったが、メインのバーナーや焚火のサブとしてこの計200円の道具があれば便利だと思う。

 

キャンプ

2021/11/30

MOUNTAIN PASSマミーシュラフ 開封レビューと1日使ってみた感想

いい加減NANGAを買おうと思いつつもタイミングと金策を逃してしまい、今年の冬を凌ぐためにダウンシュラフを購入した。 そのシュラフが、MOUNTAIN PASSマミーシュラフだ。これを先日のキャンプで使用してきたので、レビューしようと思う。   Contents1 開封・ディテール2 使用してみた感想 開封・ディテール Amazonから購入し、チャイナポストからの配達だったので到着には3週間ほどかかった。中国からの発送は不安な人もいるかもしれないけれど、僕はチャイナポストの商品を何度か購入したこ ...

ReadMore

キャンプ

2021/11/30

紅葉を見にタープ泊キャンプツーリング。道志の森キャンプ場レポート

この秋、紅葉を見れる最後の機会だったので道志の森キャンプ場までキャンプしてきた。 この日の動画を2篇に分けて動画を作ったので、よかったら見てってください。   道志村にはかなり多数のキャンプ場があるが、その中でも道志の森キャンプ場はかなり大きなキャンプ上で、1番人気とも言われているそうだ。紅葉の名所としても有名らしい。 立地は道志村の中でも山中湖側になり、ツーリングスポットである「道の駅どうし」のすぐ近くだ。   注意点として、キャンプ場の近くにスーパーは無い。 いつもはキャンプ場に先 ...

ReadMore

キャンプ

2021/2/21

かさばる寝袋・シュラフの解決策。ISUKAのコンプレッションバッグが頑丈で優秀

キャンプ道具の中で最もかさばる道具の一つが寝袋・シュラフだ。 車でキャンプに行く方はもちろん、バイクでキャンプに行く方やバックパックスタイルの方にとっては特に寝袋の大きさには悩むところだろう。寝袋さえ小さければ、もっと道具を持っていけるのに… そこで役に立つのがコンプレッションバッグだ。いろいろな製品があるがこの「ISUKA(イスカ)」のコンプレッションバッグはとても頑丈にできていてかつ軽く、一度手にしたら手放せない存在になりそうだ。 イスカ(ISUKA) ウルトラライトコンプレッションバッグ Mサイズ ...

ReadMore

キャンプ

2021/2/10

【湯たんぽより優秀】24時間使い倒せる水筒、Klean Kanteen シングルウォール 800mlにおすすめのボトルカバーなど

先日「2020年に買ってよかったもの」という記事を書いたが、買う時期がもう少し早ければ間違いなくランクインしていたもの。それが最近手に入れたこの「Klean Kanteen リフレクトボトル シングルウォール」だ。 これを買ってからというもの、僕は24時間この水筒と生活することになった。それがどういうことか、僕のこのKlean Kanteen リフレクトボトルの使い方、ピッタリサイズのカバーを紹介しようと思う。 Klean Kanteen(クリーンカンティーン) リフレクトボトル Amazonで詳細を見る ...

ReadMore

キャンプ

2021/2/10

個人的グッドデザイン賞。吊るせる箸、ユニフレーム『カラ箸』

思いついても作るかこんな商品、と見つけた時は感動した。 その箸の名前は「カラ箸」。なんと持ち手の先がカラビナになっている箸だ。このデザインと製品化にかかった労力と、それに対する需要量のバランスが取れているのか疑問でしかない。しかし僕にとっては「こういうのが欲しかった!」と言わんばかりの性能を持った画期的なアイテムだった。 しかも作ったメーカーは天下のユニフレーム。安心とそして誇らしい「MADE IN JAPAN」。 まずなぜこの箸が僕の需要にぴったりだったかいう理由の説明と、実際のデザインの詳細・使用感を ...

ReadMore

-キャンプ
-

© 2022 MONOISE Powered by AFFINGER5