【レビュー】『iWALK』のメリットとデメリット ケーブル不要、口紅サイズの小型モバイルバッテリー 

【レビュー】『iWALK』のメリットとデメリット ケーブル不要、口紅サイズの小型モバイルバッテリー 
Pocket

モバイルバッテリー iWALK

iPhoneのバッテリー容量はモデルチェンジの度に大きくはなっているが、それでも1日中外にいて動画の撮影や地図、ゲームなど使っているとなくなってしまう。

僕は荷物が多くなるのが嫌で、普段モバイルバッテリーは持ち運ばず「今日は外に長居するだろうな」って時や旅行の時くらいにしか持ち歩くことがなかった。

なにせ、モバイルバッテリー本体がそこそこ重量があるし、他にケーブルを持ち運ぶ必要がありどうしても荷物がかさばり増えてしまうからだ。

どこぞのよくわからないメーカーの小型モバイルバッテリーも怖かったので、僕はこれまでANKERの「PowerCore Slim 5000」とcheeroの「Plate Cable with Lightning」を袋に入れて持ち歩いていた。

ANKERの「PowerCore Slim 5000」とcheeroの「Plate Cable with Lightning

この組み合わせは薄く収まり気に入っていたのだが、ケーブルとバッテリーが別体なので袋に入れておかないとバッグの中ではぐれてしまう。その「袋に入れる」ことと「別体のものを持ち歩き、使う時に差す」という行為自体が面倒だった。

そこで、iWALKという製品を見つけた。

iWALKはバッテリー本体に端子がついており、ケーブルを使用せずそのままiPhoneに装着できる。しかもサイズは口紅やリップスティックほど。
すぐさまAmazonで注文して使用してみたところ、いい点も悪い点もあったのでレビューしてみようと思う。

 

 

iWALKのいい点・メリット

とにかく小さい。軽量。ケーブル不要でかさばらない。

モバイルバッテリー iWALK

僕の手持ちのものは、測ってみると74gだった。持っていてもほとんど感覚が無いレベルの軽さで、適当にポケットに入れておけるサイズ・重量だ。

写真は手元にリップスティックが無かったので、それとほぼ同じサイズの無印のアトマイザーと並べた比較である。直径はiWALKの方が大きいが、長さはiWALKの方が少し低い。

さらにケーブルが不要なのでかさばらずに持ち運ぶことができる。
iPhoneを充電するためにiWALK以外に必要なものが無いため、持ち物も最小限に抑えられる。

 

iPhoneに差したままiWALKごと充電できる

モバイルバッテリー iWALK

iPhoneにiWALKを指し、iWALKの入力端子に充電ケーブルを差せばなんと両方同時に充電ができるiWALK自体の充電端子もLightning端子だからだ。これができるモバイルバッテリーは多くはないだろう。

多くの場合モバイルバッテリーは別のUSBであらかじめ充電する必要があり、モバイルバッテリーの充電をし忘れることが頻繁にあった。
それがiWALKの場合、別のケーブルを使用する必要もなく夜寝る前にiPhoneにいっしょに差すことで毎朝同時に充電することができるため、充電をし忘れることが起こりにくい。

リーズナブル

これだけの機能があり、値段は2,000円程度と大変リーズナブルである。他のモバイルバッテリーならケーブルを別途購入する金額を考えるとかなりコスパの優れた商品ではないだろうか。

おしゃれ

モバイルバッテリー iWALK

一般的なモバイルバッテリーとデザイン性は一線を画している。人に貸した時には目新しさから驚きのリアクションされることも多く、ちょっとしたおしゃれアイテムとも言える。
表面も車の内装のような表面処理がされていて、質感も割と格好いいものである。

欲を言えば充電端子部分のでっぱりが収納され、綺麗な円柱になれば完璧なのだが、改良版が出るとしたら期待しよう。

意外と容量がある

容量は3300mAhと本体サイズから考えるとなかなか容量は大きい。iPhoneXの1回分のフル充電くらい余裕でできる。(iPhoneXのバッテリー容量は2716mAh)

決して大容量とは言えないが、日常持ち歩く保険レベルとしては十分な容量だ。
動画を長時間撮ったりする人でなければ、一泊の旅行もこれだけで充分である。

 

iWALKの微妙な点・デメリット

少しグラつく

モバイルバッテリー iWALK

iPhoneに装着しているとき、ピタっとはまって固定されればいいのだが微妙にぐらつく。

ケーブル一体なので端子への衝撃や荷重への対処と思われるが、若干安定しないのは持っていて少し気になるところではある。
しかし、ぐらつくからといって充電が途切れることはないので許容範囲ではある。

キャップが開けにくい

モバイルバッテリー iWALK

端子を覆うゴム製のキャップは閉めると結構強固に閉じらる。バッグの中で勝手に開いてしまう心配がないとも言えるがこれが少し開けにくい。
左右に指をひっかける段差がついてはいるが、僕は結局キャップと本体の隙間に爪を入れて開けている。

使用中、LEDが少しまぶしい

モバイルバッテリー iWALK

iWALKの残りバッテリー容量はLEDで3段階表示されるのだが、iPhoneに装着している間、LEDが手前に常に点灯しているので少しまぶしい。
装着時、キャップが裏側についたままの構造になっているので反対側を向けるとキャップがiPhoneの画面にかぶるため逆側に使うこともできず、LEDを指で覆いたくなる時が結構ある。

付けたままiPhoneを置くと、奥側に角度がついてしまう

モバイルバッテリー iWALK

これは構造上どうしても仕方ないのだが、iWALK側に高さがあるので装着した状態でiPhoneを置くと奥側に角度がつく形になる。

わずかな角度なので気にならない人はならないと思うが、ケーブルを差すタイプの普通のモバイルバッテリーはこうはならないので少し「微妙」なポイントといえよう。
テーブルに置いたまま触ることの多い人は、iWALKを装着したままだと少し触りにくい。

iPhone専用であること

当然ながらiWALKの端子はLightning端子なので、iPhone以外のスマートフォンや機器には使用できない。Androidユーザーが困っていても手は差し伸べられないのである。

———2020/10/24追記————
なんとiWALKの新型が発売されており、こちらはLightning端子とUSB TYPE-Cモデルの2種類が販売されている。これでAndroidユーザーもiWALKを使うことができるようになった。
直径はわずかに大きくなっているようだが容量も4500mAhと大きくなっており、より安心感のあるモバイルバッテリーとなっている。

 

まとめ 日常のレベルでは強力な相棒

モバイルバッテリー iWALK

容量と形状から、用途として「モバイルバッテリーは持ち歩きたいが荷物は極力減らしたい」「充電が半分を切ると不安になってくる」という方に最適なバッテリーである。

旅行や長期の外出には正直もっと大きな容量のバッテリーが欲しくなると思うが、iWALKはそういったハードユースなものではなく、日常のバッテリーの不安を取り除くポケットの中の相棒といったところだろう。

良い買い物をしたと同時にまだまだ製品として不完全な部分もあると思うので、改良製品が出ることを非常に期待している。
しかし「持ち物を最小限に抑えたい」「かさばるのが嫌」という方には最適なモバイルバッテリーの選択ではないかと思う。

 

(撮影カメラ:RICOH GR2)

Pocket



TECHカテゴリの最新記事