ラミー トライペン LOGO L405はトラベラーズノートの3色ペンにピッタリ

ラミー トライペン LOGO L405はトラベラーズノートの3色ペンにピッタリ
Pocket

トラベラーズノートには別売りで専用のレザーペンホルダーがあり、ノートのワンポイントにもなって気に入っている。

しかしこのペンホルダーに入るペンの太さには限界があり、通常売られている多色ボールペンが入らないこともある。

もともと単色ボールペンを使用していた僕だが、前田氏の「メモの魔力」を読み多色ボールペンが使いたくなったので、デザインも含めてトラベラーズノートに合う多色ボールペンを探した結果、この「ラミートライペン」が最適解ではないかという結論に至った。

なぜ僕がトラベラーズノートにこだわっているかという理由は以下の記事を参考にしてもらいたい。

トラベラーズノートを愛用する5つの理由。ノートに向き合い、共に歩めるノート。トラベラーズノートを愛用する5つの理由。ノートに向き合い、共に歩めるノート。

もともとはパーカーのジョッターを愛用

パーカーのボールペンのデザインも好きだ。特にこのジョッターのオールステンレスモデルは極限まで無駄を削ぎながらフックのところのみパーカーのアイデンティティでもある羽根のデザインを採用しているところが非常に気に入っていた。

トラベラーズノートとの見た目もバッチリで、ステンレスの武骨な印象と一枚革の相性は抜群だった。羽根というデザインもトラベラーズノートの「旅」というコンセプトに合うところもあり、これ以上に合うペンは無いとさえ思っていた。

 

気に入りすぎてこのペン以外を使う選択肢はなかったのだが、「メモの魔力」があまりに自分の中で大きな影響を与えて、色分けすることの大切さを知ったので多色ボールペンを使いたくなったのだ。

多色ボールペンを探す

ジョッターが気に入っていたので、当初は同じパーカーの3色ボールペンを考えたのだが、どうにもデザインでしっくりくるものが無いのと、よくある回転式(軸をまわして、黒、赤、青と順に出る方式)が好きではなかったので、思ったものは見つからなかった。

パーカーを選択肢から外すとなるとブランドのこだわりはなかったので、前田裕二氏が使用しているというジェットストリームの4+1のペンを購入した。

 

ジェットストリームのペンの書き心地は昔から大好きだったし、4+1のペンのデザインはジェットストリームの中でも最もいいデザインだったので購入してみた。しかし…

ここでトラベラーズノートのペンホルダーの弱点が発覚。思ったより細いペンしか入らない

この4+1ボールペンはぜんぜんダメだった上、同シリーズの3色モデルもこのペンホルダーには入らなかった

3色ボールペンの径をすべて調べたわけではないが、トリガータイプの多色ボールペンは構造上太くなってしまい、ペンホルダーには入らないということがわかった。

振子式という選択肢

そうなると、残りは回転式しか選択肢がないか…と思うと、もう一つ、「振子式」という方式のボールペンを知った。

ノック側につけられた色の印を上にした状態でノックすると、その色が出てくるという手品みたいな構造だが、その方式の多色ペンの選択肢は「Helvetica多機能ペン」と「ラミー ロゴ トライペン」だった。有名なペンである「ラミー2000」も同じ機構だが、このペンもデザイン上太くてペンホルダーに入らない。

ヘルベチカのペンは単色ボールペンを持っていたのだが、デザインは洗練されているがどうにも肌触りが冷ややかすぎて個人的に好きではなく、選択肢から除外。デザイン的にもラミーのトライペンが非常に気に入り、購入した。

 

トライペンとトラベラーズノートの相性

もともとジョッターを使っていたこともあり、ペンは銀色のものが良かった。トラベラーズノートが黒一色になるので、黒だと真っ黒になってしまうのだがシルバーだととてもいいアクセントになる。

ジョッターもミニマルで良かったが、ラミートライペンは非常にデザイン性に優れていて、ミニマルではないにしろミッドセンチュリー期の近未来なイメージを思わせるボールペンで、トラベラーズノートのヴィンテージ感と妙にマッチしている。

シンプルに収めてしまうのもいいが、トラベラーズノート自体がミニマルなデザインなので多少主張のあるボールペンと合わせてもマッチする。しかし、質感には拘った方がバランスがいい。

最初は海外ボールペンらしく書きにくい芯であったが、お気に入りの「ジェットストリーム」の芯に替え、書き心地も向上できたので最高のペンになった。しばらくこの組み合わせでいこうと思う。

【芯交換】ラミー トライペン LOGO L405にジェットストリームの替え芯に変えると驚くほど快適になった【芯交換】ラミー トライペン LOGO L405にジェットストリームの替え芯に変えると驚くほど快適になった

さいごに ペン選びはノートと相性を考えるべし

個人的に文具の見た目は機能性と同等に重要で、持ち歩き、目にしたりそれを使用している自分を考えてワクワクするものであることが大きな役割である。

そんなに周りは見ていないよ、と言われてしまえばそれまでだが自己満足だから問題ない。

ひとそれぞれ好みの色合いや雰囲気、相性はあると思うが、こういう組み合わせの試行錯誤も文具の楽しみの一つだなと思った。

 

 

(撮影カメラ:RICOH GR2)

【開封レビュー】ラミー トライペン LOGO L405の購入・使用レポート【開封レビュー】ラミー トライペン LOGO L405の購入・使用レポート
Pocket



STATIONERYカテゴリの最新記事