RICOH GR

森山大道さんの言葉「量のない質はない」は全員が当てはまるわけじゃない

スポンサーリンク

Pocket

森山大道さんのインタビューの中に、「量のない質はない」との言葉があり、かなり影響力の大きい言葉だなと感じた。

僕は森山大道さんは最近知ったばかりで特に好きだとか嫌いだとかはないけど、いろいろインタビューを読んでみてこの方の写真に対する姿勢や哲学は素晴らしいなと感じた。
とにかくカメラを持ち歩き、人生そのものが写真であるという姿勢、格好いいと思う。
RICOH GRはそのため道具として、まさにぴったりなカメラである。

量のない質はない、量を撮ることによって初めて質が確保できるということは確かに真理であると思う。
しかし、この言葉は鵜呑みにしてはいけない人も中にはいる。それと、この言葉通りに行動するのであれば、頭に入れるべきこともある。
それらを個人的に考えたことをまとめてみた。

 

森山大道さんに憧れて初めてカメラを買った人へ

森山大道さんの写真は僕は格好いいと思う。
しかし、カメラを手にしはじめた最初からこれを真似して無作為に量を撮りまくっても、なかなか成長につながりにくいと思う。

森山大道さんは写真スタジオで働いた経験があり、おそらく写真の基礎はがっつりそこで体に染み込ませている。
その上で、あの書き殴った様な写真スタイルが成立しているのだと僕は思う。
一見めちゃくちゃやっているような芸術家が普通に絵を描かせたら実はすごく上手かったり、前衛的に見える書道家も書道の基本や様式が体にしみ込んでいたりするのだ。

最終的にどういうスタイルになるかは当然自由だが、少なくとも最初から森山大道スタイルでいくのではなく、まずはカメラの設定や構図などの基礎を染み込ませた方が僕は成長は早いと思う。

森山大道さんはカメラの設定はオートらしい。
しかし、今見ている景色をいかに思い通りに写すか、まずは試行錯誤も必要なはずだ。その上で量を撮ることが大事だと思う。

 

自分の写真をしっかり見直し、「審美眼」を養うべき

写真であれ絵であれ、芸術ごとには「審美眼」が最も重要であると僕は思う。

審美眼とは「美しいものを見極めて判断する能力」で、それを養うためには自分が美しいと思うものをなぜ美しいと感じるのか、その理由を自分の中で探すことが大切である。
だから、人が撮った写真も自分が撮った写真も、「なんとなくいい写真」で終わらせるのではなくなぜ自分がその写真を美しく感じたのか自分で考えることを続けるべきだ。

大量に撮るということは、大量に見直すということである。
自分で撮った写真を選定するのに、数に応じて相応の時間をかける覚悟は必要である。

要は僕が言いたいのは、単に量だけとっても質は生まれないということである。
常に質を意識しながら量を撮るように、僕も心がけたい。

 

RICOH GR

2021/3/8

【GR2写真ブログ】コロナ禍のディズニーシーに行ってきた

コロナの影響により一時閉園となっていたが7月に営業再開したディズニーシーに、再開後はじめて遊びに行ってきた。 現在ディズニーランド・シーともに1ヶ月ほど先までのチケット予約ができる。毎週水曜日の夕方に予約可能日程が1週間づつ延び、人数を絞っているのもあり土日はかなりチケットが埋まっている。 僕が予約した日はハロウィン当日で、土曜日ということもありチケットも激戦が予想されたためチケット発売時間にHPに張り込んでなんとかチケットを取ることができた。 土曜日とはいえ人数が制限されている中、ディズニーシーの中の雰 ...

ReadMore

RICOH GR

2020/11/4

【GR2写真ブログ】 大阪市 清水~千林~大宮

今日、仕事の都合で大阪市旭区の清水の方へ行く用事があった。 偶然だが清水は僕が大学生時代に住んでいたところで、打ち合わせついでに住んでいたところの近辺から大学の方まで散歩してきた。 昔住んでいたところに行く体験は実家を除くとはじめてで、非常に懐かしくなりたくさんの写真を撮ったのでここに掲載しようと思う。よく覚えている景色を見かけてはシャッターを切っていたので、今回はいつもより写真が多い。 この日の体験を若者風の言葉で言うと、すごく「エモい」時間であった。写真を撮りながら、昔を思い出していろいろと考えること ...

ReadMore

RICOH GR

2020/11/4

【GR2写真ブログ】 東京都庭園美術館

先日開催されていた「岡上淑子 フォトコラージュ 沈黙の奇蹟」を観覧しに行くために、東京都庭園美術館にはじめて赴いた。 東京の目黒駅に始めて降り、美術館に向かうまでの「白金」という文字に、ああここがシロガネーゼのシロガネか、などと思いながら美術館に向かった。 「庭園美術館」の名の通りここは大きな庭園になっており、入り口は美術館というより公園の入り口のようだった。   美術館に入るまでカメラを取り出すことを忘れていたので美術館自体の写真はあまり撮れていない。美術館内部を見たあとに庭園を散歩したときの ...

ReadMore

レビュー記事 RICOH GR

2021/2/10

RICOH GR2とGR3、どっち買えばいい?GR2がGR3と比較してもまだまだ実用度の高いカメラであるその理由

話題のカメラ「Richo GR3」が先日発売された。手に取った僕もあまりの完成度に非常に興奮したものである。 ほぼすべての面でGR2のスペックを上回り、「上位互換」となったGR3が現れた今、GR2ユーザーである僕が、今GR2が「買い」のカメラなのかどうか考察してみる。 念のためはじめに注記しておくが、この記事はあくまで「GR2も十分にすごい」ということを言いたいのでGR3をこき下ろす意味ではないことを承知していただきたい。GR3は間違いなく素晴らしいカメラであると思う。 Contents1 大きな違いは手 ...

ReadMore

RICOH GR

2019/5/8

店頭でRICOH GR3とGR2を比較して感動した5つのポイント。リコーの本気ミニマリズム。

ついに発売されました、RICOH GR3(GR3)。 製品画像やスペックを見るとまあまあ妥当な進化かな…?程度には思っていたのだけれど、実物を手に取ると思った以上にその完成度に感動した。 店頭なので写真は撮れなかったので、できる限りその時の感動を文章にしようと思う。 正直、めちゃめちゃ欲しくった。 Contents1 1. 想像以上に小さい2 2. 無駄なボタン・モードが無い。ミニマル!3 3. 寄れる!!!4 4. 反応が・AFが早い、液晶もきれい5 5. 引き算の美学。デザインが美しい…6 さいごに ...

ReadMore

 

Pocket

スポンサーリンク

-RICOH GR

© 2021 KAWANOISE WEBLOG Powered by AFFINGER5