キャンプ

MOUNTAIN PASSマミーシュラフ 開封レビューと1日使ってみた感想

スポンサーリンク

いい加減NANGAを買おうと思いつつもタイミングと金策を逃してしまい、今年の冬を凌ぐためにダウンシュラフを購入した。

そのシュラフが、MOUNTAIN PASSマミーシュラフだ。これを先日のキャンプで使用してきたので、レビューしようと思う。

 

開封・ディテール

Amazonから購入し、チャイナポストからの配達だったので到着には3週間ほどかかった。中国からの発送は不安な人もいるかもしれないけれど、僕はチャイナポストの商品を何度か購入したことはあるが時間がかかるだけで問題があったことはない。

 

届いたMOUNTAIN PASSのシュラフはこのように圧縮袋に入った状態で届いた。この圧縮袋は付属品にしては結構しっかりしていて普通に使えるしなかなかデザインも格好いい、

僕はコーデュラ生地の安心感からISUKAのコンプレッションバッグに入れ替えたが、この圧縮袋があればわざわざ別で買うことも無いだろう。

 

かさばる寝袋・シュラフの解決策。ISUKAのコンプレッションバッグが頑丈で優秀

キャンプ道具の中で最もかさばる道具の一つが寝袋・シュラフだ。 車でキャンプに行く方はもちろん、バイクでキャンプに行く方やバックパックスタイルの方にとっては特に寝袋の大きさには悩むところだろう。寝袋さえ ...

続きを見る

 

ちなみに僕が購入したのは羽毛充填800gのものだ、

 

シュラフ本体。色は少しくすんだイエローグリーンで、商品写真のものと印象は違わない。光沢はなく、マットな質感である。

 

胸部にはMOUNTAIN PASSのロゴが入っている。

本当かどうかわからないが、「星から来たあなた」という韓国ドラマでこのシュラフが使われていたそうだ。

星から来たあなたと同型の羽毛寝袋

※Amazonより引用

この蛇腹のような形状から察する通り伸縮性があるので、中に入っても姿勢の自由はききやすい。

 

ジッパーはYKKが使われている。とにかくコストを下げたいだけの適当な中華製シュラフとは違うのがここでわかる。

 

写真では分かりづらいが、ドラフトチューブやネックバッフルなどはしっかりついている。

首元にポケットはあるが小さくてiPhone13Proが入り切らなかった。カイロなどを入れるのに良いかもしれない。

 

右側に足元までのジップがあり、左側にも腰まで辺りのジップがある。

個人的には不要な機能だったが、体格の大きい人にはありがたいのかもしれない。

 

ジップは足先まではなく、ふくらはぎ辺りまでだ。これもマミー型シュラフの特徴である。

 

使用してみた感想

夜の気温は2℃前後、タープ泊でコットの上にブランケットを敷き、このシュラフだけで寝てきたが、正直寒かった

タープの張り方にもよるが、今回タープとシュラフがかなり近くなり水滴がついてしまったのもあるかもしれない。とにかく足元が寒かった。

深夜を過ぎ、朝方になると少し寒さがマシになり、快適に眠れた。

 

冬場のタープ泊はタープ内の保温性なんて皆無なので、テントだったら十分快適に眠れただろう。

シュラフの実力を測ろうとあえてなんの工夫もなく使用してみたが、コットの下になにかものを敷いたり、湯たんぽやカイロを使えばもっと暖かくなるだろう。とにかくなんの対策もなくシュラフだけで寝るとさすがに寒いということがわかった。

今度、夏用の薄いシュラフをこのマミーシュラフの上に重ねて寝てみようと計画している。

 

また獣臭が気になる人も多いと思うが、このシュラフはほとんど無臭だった。Amazonのレビューを見るに個体差はあるのかもしれない。

春〜秋用に購入した別のダウンシュラフもあるが、それは獣臭が結構キツかったので、僕自身が獣臭に鈍感なわけではないと思う。臭いに関してはこのシュラフは当たりだった。

 

この蛇腹のような形から想像できるように、姿勢の自由はかなり効く。寝返りや起き上がりも楽で、マミー型特有の圧迫感はなかった

僕の身長は177cm、体重は61kg。シュラフのサイズ感には全く不満はなかった。

 

バイクでキャンプに行く手前あまり大きなシュラフを持っていくことができないのだが、800gのダウンシュラフだけだと真冬のタープ泊は無理と悟ったので、次からはシュラフカバーを使ったりシュラフを2重にするなど色々工夫しようと思った。

 

 

-キャンプ
-,

© 2022 MONOISE Powered by AFFINGER5