ESSAY

大人になると、「やらないといけないこと」しかやらなくなってしまう

スポンサーリンク

Pocket

「好きなことをして生きる」「やりたいことをやれ」

ブロガーやYou tuberなど多岐にわたる会社に属さない職が生まれ、「自由」を身につけた彼らはこうやって言う。

彼らに対し、一般人は尊敬軽蔑というはっきりとした態度に2分される。

きっとそれは「純粋な憧れ」と「社会に押し付けられている自分たちとの比較、嫉妬」であることが多い。You tuberに関しては生理的に受け入れられないことも多そうだが。

 

彼らの言う「やりたいことをやれ」という言葉に、すでに大人になった人たちには現状を変えてまでやりたいことをやる勇気と生活の保障がない

そもそもほんとうに「やりたいこと」が分からない人の方が多い。「すべて投げ出して1日中ゲームしたい」「世界一周旅行したい」こういう願望を持つ人は多いが、それを「長年職としてやりたいか」と言われるとノーの人が大半である。「職」としてやりたいことと聞かれると自分の属している職と全く違う職を回答し、さらにたいていそれは非現実であるという前提がある。

子供のころは、将来の夢はと聞かれてたいていの子がはっきりと答えていた。昔はプロ野球選手がベタな夢だったが現在はプログラマーやYou tuberが上位にいるそうだ。それだけ、子供から見ても「自由」への憧れは強い。しかし、社会に出るとなったとたんに大勢の人は「安定」という名目で判断を変える

 

大人になると「やらないといけないこと」しかできなくなってしまう。僕もどちらかというとその感覚にある。

会社員という職に入ると、一日中「やらないといけないこと」で溢れている。会社の中での上司からの命令、あるいは自分の判断した職務、どちらにしてもそれは「やらないといけないこと」だ。会社の中でゲームはできないし、会社を勝手に飛び出して旅行できる人なんていない。「本当に自分がやりたいこと」が会社の中でできている人間というのはごく少数の人間である。

休日にはやりたいことをやっている、という人はまだいい。僕の知る限り、休日にさえやりたいことが分からなくなり、結局一日家でごろごろしているという人や、気が付いたら終わってた、という人を良く聞く。

毎日があまりに「やらないといけないこと」で溢れすぎて、「やりたいこと」を完全に失ってしまっている。なぜなら、「やらないといけないこと」はやらないと自分に不利益があるが、「やりたいこと」は、やらなくても人生に支障なく時間は過ぎるからである。

 

とても印象的だったのが、数年前にやっていた「刑事ゆがみ」というドラマの話の一つである。
ずっと上司に命令され生きてきた中間管理職の人間が定年退職した。人に命令されて動くことが当然のこととして生きてきた彼には、定年退職して仕事がなくなり、自由な時間が大量にあるにもかかわらず完全に無気力な状態になってしまう。そんな時、彼は詐欺グループに出会い、いいように使われてしまう。しかしその詐欺グループに命令されて動いている状態に生きがいを感じ、積極的にその詐欺グループへ加担してしまう。

この話を観たときにフィクションに限った話ではないととても恐怖を感じた。きっと命令されてばかりでずっと生きているとその状態が当たり前になり、自分からは何もできない人間になってしまうのだ。
数十年監禁された人間が解放されても生きる気力がなくなり自ら命を絶ってしまうという映画「ショーシャンクの空に」の一部分も思い出す。

 

命令されている状態が悪いとは言わない。現職を無理やり変えろとも言わない。しかし、一日の中でもほんの少しの時間でもいい、「自分から能動的にやりたいこと」を意識的にやる必要がある。そうでないとどんどん意志力は弱まっていき、最終的に「やりたいことは?」と聞かれると「別に…」と答えてしまう大人になってしまうのである。

命令だけ、やらないといけないことだけを遂行するだけの人間はある意味奴隷と同じだ。それに幸せを感じてしまう前に、自らの意思で活き活きとした毎日を送れるようになるのが、人間としてあるべき姿だと僕は思う。自分がただの社会の奴隷だと感じる人は、すぐにそれに抗わないと一生満足した人生は送れない。

 

かといって、僕もそうだが単にやりたいと思っていることに手を付けるのは思ったより難しい。やりたいんだからやればいいじゃないかと思うのだが、その一歩目が意外に踏み出せないのである。そんな人には「ベビーステップ」という言葉を紹介したい。

たとえばトロッコを押して動かすには初めはとても重いが、動き出すと軽く進むものである。車やバイクも走り始めるときに一番ガソリンを使う。要するに、なにごとも止まっている物を動かすという作業がもっともエネルギーを要するのだ。

だから、「ベビーステップ」ほんの小さな一歩という意味だが、まずは「5分だけやろう」という意思でやり始めてみたらいい。そうすると不思議と筆は進むもので、5分とは言わずやりだすと止まらないのである。そして逆に止めるのが難しくなる。なぜならもともとやりたいことだったのだから。

この小さな一歩を踏み出すことを習慣にさえしてしまえば、やりたいことが出来る毎日を送ることが出来る。

 

「やりたいことがない」という人には、とにかく自分のいまやりたいことをやることを習慣にしていけばいい。

きっとやりたいことというのは奥底に眠っていて、それは「大量にあるやらないといけないこと」というしがらみに隠されているだけである。本当はやりたいのに蓋をしているのである。少しずつ、小さいことでもでもいいからやりたいことをやっていけば、きっといつか本当にやりたいことが見つかる。「やりたいこと」を重くとらえすぎているから、もっと軽く考えていい。

「やりたいことが出来るのは非現実」という発想を捨て、少しでも毎日やりたいことをやっている快活な一日を目指したい。

 

最後に、最近アニメBLEACHを見ていて衝撃だった言葉をここに書いておきます。

遊びの方が大切だ、仕事なんていつでもできるぜ
― BLEACH 80話エンディングおまけより

 

 

Pocket

スポンサーリンク

-ESSAY
-,

© 2020 KAWANOISE WEBLOG Powered by AFFINGER5