【ANKER PowerExpand Direct 7-in-2】これさえあればいい。デザインも美しいMacBook一体型USB-Cハブ

【ANKER PowerExpand Direct 7-in-2】これさえあればいい。デザインも美しいMacBook一体型USB-Cハブ
Pocket

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

最近、随分前から使っていたMacBookProを新しいものに買い換えた。

以前のものはUSB-Aの端子が付いていたのだが新型はUSB-C端子しか付いていないので、新しくハブを用意する必要があった。

MacBookに使用できるハブは大きく分けて2種類あり、通常のUSBハブのようにケーブルを経由し、様々な端子のあるハブに繋がっている「ケーブル型」と、2本のUSB-C端子を有しMacbook側面に直接差し込む「一体型」である。
僕はより見た目がすっきりすると思い一体型のハブを選んだ。あと通常のハブよりも見た目に「機能拡張」している感が出て格好いい。

一体型のハブを選ぶにあたり、選択肢が二つあった。「Satechi Type-C アルミニウム Proハブ」もしくは「ANKER PowerExpand Direct 7-in-2」である。

この二つの製品は供給電力の差など多少性能に差異があるのかもしれないが、なにより重要なのは表面にロゴがあるかないか、その一点である。
SATECHIの方はデザインが美しい、とよく言われているが僕にはどうせMacBooKの横に余計な金属の棒がつくんだから、ロゴが入っているくらいの方が「別製品をアダプトしている」とはっきりアピールするのでいいんじゃないかと思う。

なによりロゴがないというだけで価格が3、4000円ほども上がるのに納得がいかなかった。もちろん細かいデザインの違いはあるが、ロゴの有無に比べれば些細な問題だろう。
僕の場合はデスク上にあるANKERのスタンド充電器にも「ANKER」のロゴがあるので統一感もでるため、「ANKER PowerExpand」を購入した。

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

ANKER製品はデザイン・コスパ・安心感の総合点が高い製品が多いので、買うことが多い。

ANKER POWER EXPAND Direct 7-in-2のデザイン

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

表面にロゴがある以外、一切の無駄のないシンプルなデザインである。

僕が購入したMacBook Proのスペースグレイと色味はほぼ同じと言っていいほど近い。装着した姿はかなり一体感がある。
シルバーを使っている人はハブだけ色が濃くなり浮いてしまうかもしれない。

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

端子同士のクリアランスも広すぎず狭すぎず取られていて、通常であればケーブル同士が干渉することはない。

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

ロゴの色は白。
MacBook中央の「Macbook Pro」と書かれているロゴに比べてロゴの文字が太いため目立つものではある。

ANKER POWER EXPAND Direct 7-in-2の機能

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

これさえ挿しておけば十分」といった具合に、このハブには多機能USB-Cポートx1(主に充電用)、データ転送用USB-Cポートx1、USB-Aポートx2、microSD&SDカードスロット、4K 30Hz HDMIポートx1がある。

僕は常にHDMIで外部ディスプレイに出力するためにHDMIケーブルと、別のUSB-Aハブ、充電ケーブルのみを接続している。
極力僕は「一本のケーブルも視界に入れたくない」をコンセプトにセットアップしているので、Macbookを乗せているスタンドの下にUSB-Aハブを隠している

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

microSD&SDカードスロットがかなり便利で、カメラやGoProを僕は多用するため頻繁に使う。
特にmicroSDスロットが便利で、別に変換アダプタを用意する必要がない。

ANKER POWER EXPAND Direct 7-in-2の注意点

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

一見USB-C端子を二つ接続している上に一体になっているため、MacBookに直接繋ぐ感覚で色々繋いでいると意外と電力不足になる。
このハブにHDMIケーブルの接続とオーディオインターフェースの接続、ワイヤレス充電器でスマホを充電するのを同時に行うと電力不足でオーディオインターフェースが止まってしまった。
HDMIケーブルに加えてUSB経由で多くの電力をする機器をいくつか繋ぐためには、他のUSB-C端子に繋ぐか新たに別のハブ、を用意する必要があるだろう。

またハブ自体に熱を持つため、MacBookにも熱が多少伝わることになる
触れないほど熱くなることはないが、一体型ハブの宿命とも言えそうなので気にする方はケーブル型のハブを導入した方がいいかもしれない。

ANKER POWER EXPAND Direct 7-in-2の付属品

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

付属品として、取扱説明書、18ヶ月の保証(Anker会員登録後は+6ヶ月)に加え、専用のトラベルポーチが付属している。
持ち運び時には端子の出っ張りが常に露出する形になるので、バッグの中で本体に傷が入ったり端子が折れたりするのを防ぐ意味でありがたい。

見た目をスッキリさせるアイデア

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

一体型のハブは、製品単体ではケーブルも無く、非常にシンプルでミニマルだ。
しかし、それを活用する際には必ず他のケーブルを挿すことになり、見た目が美しくなくなってしまう。上の写真のままでは正直ダサい。
HDMIのケーブルは奥に行くからまだいいが、純正充電ケーブルやUSB-Aのケーブルは容赦無く真横に飛び出てしまう。

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

僕はこれが美しくないと思ったので、充電ケーブルとUSB-Aに繋ぐための延長ケーブルをどちらもL字のものを用意した。
こうすることでかなりケーブルの主張は抑えられ、見た目もスッキリ格好良くなった。

神経質に思われるかもしれないが、せっかく美しいデザインのMacBookだからこそ妥協したくないし、なによりケーブルを極力見たくない

まとめ

ANKER PowerExpand Direct 7-in-2

実は購入してから、「どうせスタンドの下にハブを隠しているなら、ケーブル型のハブをスタンドの下に入れた方がよくないか」と思ってしまった。
確かにそうなんだが、ケーブル型のハブは外出時、スタンドがない平面で使用する際にどうしてもMacBookの横に飛び出してしまうので、結果一体型でよかった。
MacBookを持ち歩かずずっとスタンドの上にある人はケーブル型でもいいのかもしれない。

面面ロゴについてはANKERが嫌いな人以外は特に気にならないレベルと思われる。ロゴがないものにしたとしても結局ケーブルを繋ぐので、どうやっても完全に異物を排除することはできない。
使用していて今のところ不具合も不便もないため、コスパのいいオールインワンUSB-Cハブとしていい製品だと思う。

【Anker PowerWave 10 Stand】スマホのワイヤレス充電、スタンド型が絶対にオススメな理由【Anker PowerWave 10 Stand】スマホのワイヤレス充電、スタンド型が絶対にオススメな理由
Pocket



TECHカテゴリの最新記事