キャンプ レビュー記事

「ランドネ」2021/1号付録の竹製丸型カッティングボード ロッジ6 1/2スキレットにピッタリサイズ

スポンサーリンク

Pocket


雑誌「ランドネ」2021年1月号を購入したので、付録のカッティングボードをレビューする。
ランドネという雑誌は初めて購入したが正直この付録目的だ。

昨年のBE-PAL2019/10月号のオピネルのカッティングボードを逃して非常に悔しい思いをしていたのだが、今回カッティングボードの付録ということで、見つけて即購入した。

ランドネ付属の竹製丸型カッティングボード


このカッティングボードは木目の美しい竹製だ。

カッティングボードの素材として木やプラスチックと比べて竹製は弾力性があるので包丁のあたりが良く、適度な重みがある。このカッティングボードは75gだ。

また竹には天然の抗菌・防臭効果があり、木製のまな板にありがちな黒ずみやキズに強く水ハケもいいので乾きやすく、清潔に保ちやすい竹という素材はカッティングボードに非常に適した素材だ

 


デザインは非常にシンプルで綺麗な正円の形だ。「Randonnee」というロゴが木目に隠れがちにさりげなく入っている。

穴が一つ開いているので、革紐やパラコードを通して吊るすことも可能だ。

 


大きさは直径14.2cm、厚みは6.5mm。

小ぶりで最小限の大きさのカッティングボードだ。

 


小さな野菜なら問題なく切ることができる。ソロのキャンプ場であれば十分な大きさだ。

 

ロッジ6 1/2インチにピッタリサイズ


このカッティングボードはスキレットでお馴染みのロッジ6 1/2インチサイズにかなりピッタリのサイズで収めることができる。

ちなみにこの状態は底面にぴったり付いているわけではなく、底面よりわずかに径が大きいので少しだけ浮いている状態だ。
少し浮いているから清潔を保ちやすいとも言える。

 


下に敷いた状態。もはや専用といってもいいくらいのジャストサイズだ。

複数人の本格的な料理をする際は物足りない大きさだろうが、ソロキャンパーなど最小限の荷物で収める際にはうってつけのカッティングボードだろう。そしてロッジのスキレットを使用している方には尚更お勧めできる。

 


雑誌自体、この付録を含めて税込1000円と安く、得した気分だ。雑誌の内容も普段僕は目にすることのないキャンパーではなく山登りする方達の装備をみることができて面白い。

ちょうどいいカッティングボードを探していたところなので、次のキャンプから装備の一員になること間違いなしのアイテムだ。

 

キャンプ

2021/2/21

かさばる寝袋・シュラフの解決策。ISUKAのコンプレッションバッグが頑丈で優秀

キャンプ道具の中で最もかさばる道具の一つが寝袋・シュラフだ。 車でキャンプに行く方はもちろん、バイクでキャンプに行く方やバックパックスタイルの方にとっては特に寝袋の大きさには悩むところだろう。寝袋さえ小さければ、もっと道具を持っていけるのに… そこで役に立つのがコンプレッションバッグだ。いろいろな製品があるがこの「ISUKA(イスカ)」のコンプレッションバッグはとても頑丈にできていてかつ軽く、一度手にしたら手放せない存在になりそうだ。 イスカ(ISUKA) ウルトラライトコンプレッションバッグ Mサイズ ...

ReadMore

キャンプ レビュー記事

2021/2/10

【湯たんぽより優秀】24時間使い倒せる水筒、Klean Kanteen シングルウォール 800mlにおすすめのボトルカバーなど

先日「2020年に買ってよかったもの」という記事を書いたが、買う時期がもう少し早ければ間違いなくランクインしていたもの。それが最近手に入れたこの「Klean Kanteen リフレクトボトル シングルウォール」だ。 これを買ってからというもの、僕は24時間この水筒と生活することになった。それがどういうことか、僕のこのKlean Kanteen リフレクトボトルの使い方、ピッタリサイズのカバーを紹介しようと思う。 Klean Kanteen(クリーンカンティーン) リフレクトボトル Amazonで詳細を見る ...

ReadMore

キャンプ レビュー記事

2021/2/10

個人的グッドデザイン賞。吊るせる箸、ユニフレーム『カラ箸』

思いついても作るかこんな商品、と見つけた時は感動した。 その箸の名前は「カラ箸」。なんと持ち手の先がカラビナになっている箸だ。このデザインと製品化にかかった労力と、それに対する需要量のバランスが取れているのか疑問でしかない。しかし僕にとっては「こういうのが欲しかった!」と言わんばかりの性能を持った画期的なアイテムだった。 しかも作ったメーカーは天下のユニフレーム。安心とそして誇らしい「MADE IN JAPAN」。 まずなぜこの箸が僕の需要にぴったりだったかいう理由の説明と、実際のデザインの詳細・使用感を ...

ReadMore

キャンプ

2021/2/21

【キャンプ日記】はじめてソロでタープ泊キャンプツーリングに行ってきた。その感想と教訓

先日はじめてソロでキャンプツーリングに行ってきた。 これまでは二人以上のキャンプしかやったことがなかったが、今回はじめてのソロキャンプだ。 二人以上いると細かい作業を分担したり、足りない道具を貸しあったりしてこなしていたが、ソロだとそれもできない。 明かりがなくなってしまっても誰も助けてくれないのだ。 先日かなり旅慣れている人とキャンプを共にすることができ、そこでソロキャンプのノウハウをかなり学ぶことができたので、今回それがすごく活きた。 しかし学ぶことはとても多かったので教訓や感想をまとめておこうと思う ...

ReadMore

キャンプ レビュー記事

2021/2/19

Belmont TABI 使用感レビュー ピコグリルと被りたくないソロキャンパーにおすすめ

先日ソロキャンプに行ってきて、BelmontのTABIを使ってきたので使用感をレビューする。 ピコグリルと比較して購入を迷う方も多いと思うが、どうしてもその形状から比較対象にはなってしまう。というか完全にTABIはピコグリルを意識した商品ではあるだろう。 ちょうど以前ピコグリルを利用している方とキャンプを共にしたので、ピコグリルとの比較感想として書ければと思う。 ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(収納ケース付). BM-263 Amazonで詳細を見る 楽天で詳細を見る Contents1 ...

ReadMore

Pocket

スポンサーリンク

-キャンプ, レビュー記事
-

© 2021 KAWANOISE WEBLOG Powered by AFFINGER5