冬キャンプの極暖革命アイテム『電熱シュラフ』 タープ泊にもオススメ

冬キャンプの極暖革命アイテム『電熱シュラフ』 タープ泊にもオススメ
Pocket

Amazonでキャンプ道具を漁っていた時、見つけたときには目を疑った。と同時に眼から鱗だった。
そのアイテムこそ、「電熱シュラフ」だ。

 

僕は自慢じゃないけどかなりの寒がりで、秋始めのキャンプからすでに寒さで夜あまり眠れないということも多かった。
当然高級な暖かいシュラフを買えばいいんだろうけど、そんな気軽に手を出せるもんじゃない。

そこで見つけたのが電熱シュラフ。
シュラフには「R値」「フィルパワー」などと暖かさを表す数値がある。それらを「技術」をもって笑って蹴散らすような存在だ。まるで戦国自衛隊で戦国時代に舞い降りた戦闘ヘリのようだ。

と前置きはさておき、気になるのは「実際暖かいのか」「使えるのか」だろう。
先日この電熱シュラフを最低気温1〜4℃ほどの日に使ってきたので、そのレビューと使用感を書こうと思う。

電熱シュラフとは

モバイルバッテリーで内部を温めるシュラフ

まずはじめに、電熱シュラフとはモバイルバッテリーを利用してシュラフ内にあるヒーターを発熱させ、シュラフ内部を温めるというものだ。
モバイルバッテリーは別売りで、自分で用意しないといけない。さらにそのモバイルバッテリーは大容量(10000mAh以上)のものを用意しないと朝まで保たない。

インナーとシュラフ本体は別体


シュラフ自体に電熱の構造があるわけではなく、モバイルバッテリーを繋ぐことができるシュラフインナー(画像左)がシュラフについてくる。
寝る際には二重のシュラフに体を入れる形になる。

この別体という点にはいい点も悪い点もあり、悪い点で言えばごちゃつくことと寝るまでに少し手間取るということだ。
逆にいい点で言うと手持ちの別のシュラフと合わせることができる。別の冬用の高級シュラフに電熱インナーを組み合わせた最強装備にすることもできるわけだ。

あたたまる部分は3点

電熱シュラフと聞くとなんとなく全体が暖まりそうなイメージはあるが、ヒーターがついているのは脚、腰、肩の3点だ。
温めるべき要所を温めてくるれる上、シュラフ自体に保温性があるため3点でも内部は十分に、全体的に温まる。
ヒーターが腰にくるので、腰痛などの軽減にもなりそうだ。


モバイルバッテリーを入れるポケットは足元にあり、こういった接続コードがポケット内にある。


これがヒーターで温まる部分。これが3つついている。
寝る際にここに繋がっているコードが気なったり、硬くてゴワつくということはなかった。

 


そしてシュラフインナー上部にあるこのボタンを押すことで、ヒーターをオンにすることができる。
シュラフにボタンがあり、そのボタンが光っている様はなにかワクワクするものがある。

 

電熱シュラフの3つの悪い点

①大容量モバイルバッテリーが必要

上にも書いたがこのシュラフ単体では単なるシュラフでしかなく、機能を発揮するためにはモバイルバッテリーが必要になる。
高額なものではないが決して安くはないので別の出費があるというのはマイナスポイントだろう。
極力荷物を減らしたいという方にも、いい気はしないかもしれない。

また電力は意外と食うので、連泊には向かない。2泊以上する場合に、なかなか道中で何時間もモバイルバッテリーを充電するわけにはいかないだろうから、連泊で使う場合モバイルバッテリーが2個以上必要になってくるだろう。

今回は20100mAhのANKER製のモバイルバッテリーを使用した。

ヒーターの強度は3段階あり、この日は「弱」で6〜7時間ほど寝ていたが、起きたときには4つあるLEDインジケータが残りひとつだった。使用した電力は10000〜15000mAhといったところだろう。
中華製の格安モバイルバッテリーは26800mAhと容量を謳っておきながら実際には15000mAhほどしかないと言うことがザラにある。なので、信頼できるブランドのものを用意したほうがよさそうだ。

【Anker PowerCore 20100】細くて使いやすい大容量モバイルバッテリー【Anker PowerCore 20100】細くて使いやすい大容量モバイルバッテリー

②別体なのでごちゃつく&まとわりつく素材

インナーは薄めのマイクロファイバー生地。服にすこしまとわりつく素材で、肌触りも良く暖かいのだが体を入れてからの取り回しはすこしやりにくい。
またインナー自体もチャックがある寝袋型で、外側のシュラフと二重にチャックがある形になる。
私はインナーはある程度のところまでしかチャックを閉めずに寝た。(それでも暖かさは十分だった)

③収納袋が狭い

インナーもまとめて収納することはできる。

はじめ、インナーとシュラフ本体は別々の袋に入って届く。
これをいちいち分けて収納するのはかなり面倒なので当然まとめて丸めて収納袋に入れるわけだが、この収納袋がかなりキツキツで、破れそうで怖い。
袋自体に圧縮ベルトなども付いていないので、別の圧縮袋を使ったほうが心地よく使えるかもしれない。

 

悪い点を吹き飛ばす、感動の寝心地

悪い点は挙げたが、このシュラフの「暖かさ」を考えるとどれも些細なことだ。

これを使った日は最低気温は1〜4℃。タープ泊、それもDDタープのダイヤモンド張りで寝ていたので空間の保温性はほぼ皆無な状態で寝ていた。
さすがに底冷えにはビビってコットとシュラフの下にブランケットは敷いていたが、保温性のあるテントに比べ防寒性においてハードな環境だろう。

以前は最低気温10℃ほどでも底冷えを感じて眠りにくかったタープ泊だったが今回、自分でもびっくりするほど熟睡することができた。
底冷えがない、そして足元が暖かいと言うのはこれほどまでに気持ちいいものかと感動した。朝起きて、しばらくシュラフから出たくなかったほどだ。

ヒーターの強度は3段階あり、この日は終始「」で寝ていたが寝ているときに寒さを感じることはなかった。
電気容量の問題はあるが、これよりももっと暖かくできるのかと思うと頼もしい。

タープ泊の場合、テントに比べて空間の保温性に欠けるため外からどんどん温度が奪われることになる。
そうして奪われる温度にシュラフ自体から発熱し対抗できるため、タープ泊にも向いているとも言えるだろう。

きっとこのシュラフと同等の暖かさを得ようとするとかなり高額なシュラフが必要になるだろう。
しかしこの電熱シュラフは6,000円前後とかなり安価で手に入れることができる。

冬のキャンプ、特に僕みたいに寒がりな人には是非とも試してみてほしいアイテムだ。

Pocket



CAMPカテゴリの最新記事