ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話①

ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話①
Pocket

僕はこれまでソフトバンクで購入したiPhoneXを使用していた。あまりよくわかっていなかった僕は店員にいわれるがまま半額サポートプランという4年縛りのソフトバンクのプランに入っていた。

現在僕はそのプランに入って1年3ヶ月が経っているので、あと2年と9ヵ月残っていることになる。半額サポートプランのまだ半分も経っていない状態だ。しかし、毎月1万円もスマホに支払うのはそろそろ我慢の限界である。

昨今、もう言ってしまえばソフトバンク・AU・ドコモのキャリアを使用している人間はいわゆる「情弱」と言われてしまうらしい。非常に悔しい。しかしわたしは半額サポートプランの4年縛りがあるので、少なくとも2年間はこのままを継続しないと解約料や機種代金の残りなどえらく取られてしまうんじゃないかと思っていた。しかし、ソフトバンクに電話したところ意外にもすんなりワイモバイルをお勧めされ、スマホはiPhoneXのまま月々3,000円ほどの節約に成功した。その方法をここに記しておこうと思う。

 

パート②はこちら

【半年で実質2万円節約】ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話②【半年で実質2万円節約】ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話②

僕が行ったワイモバイル移行への手順

①ソフトバンクへ電話

僕は最初からワイモバイルにしようと考えていたわけではなく、キャリアはどこでもよかった。

ソフトバンクの問い合わせ番号(*5533)に電話すると音声ガイダンスが開始され、まずはMNP番号発行であるダイヤル1を押した。その次は移転先キャリアを聞かれるのだが、未定というダイヤル5を押した。するとサポートの人に電話がつながった。

僕はまず電話で、「とにかく今の毎月の料金が高いと思っている」ということと、「キャリアを変えるとなると半額サポートプラン中だが違約金は発生するのか」「今の機種のまま他に移ることはできるのか」「残りの機種代金はどうなるのか」ということを聞いた。

その回答として、「1年10ヵ月~2年経った状態であれば、解約料は無料になが、それ以外だと解約料10,260円が発生する」「機種代金は一活で払うとまだ10万円ほど残っている」と言われた。しかし、「機種は24ヶ月分(半額)で買い取ることもできる」とのことで、要は2年間使用すれば機種を売ったらチャラになるということだ。

 

そのあと、電話サポートの人から「もし今が高いと感じてらっしゃるなら、ワイモバイルに移行してはどうか」「ソフトバンクとワイモバイルは同じ電波を使っているし、ソフトバンク傘下だから転出事務手数料・転入事務手数料も無料にできる」「JCB1万円分が付いてくる」「ワイモバイルにオンラインで登録すると初月から1万円分の割引が適用される」「機種代金は、残りを分割でソフトバンクに払い続けたまま基本使用料をワイモバイルのプランにできる」ということを聞いた。

最後のところがかなり重要で、今まで僕はソフトバンクの基本使用料5,000円に携帯代3,110円、あとオプションでちょうど1万円ほど支払っていた。それが、これからはワイモバイルのスマホプランMで月額2,980円(2年目から3,980円)、機種代金が3,110円の支払い継続で、合計7,000円程度の支払いで良くなるということである。

しかもワイモバイルの電波は他の格安キャリアと比較して、電波を借りているのではなくそのまま使用しているので遅くなる心配が無いらしい。そして僕はもともと月々5GBのデータ容量に5分まで通話無料だったのが9GBまで使えて10分まで通話無料になる。

 

正直ソフトバンクでいる状態よりもワイモバイルの方が良いことしかないように思えるが、それを電話サポートの人に聞くと、「わかっている人はそうしますねえ」という回答であった。「わかっているひとは、iPhoneXSやXRを契約してすぐにワイモバイルに移行したりしてます」とのこと。ほんとかよと思いながらその話を信じた。

というのも、サポートしてくれた人は「安心パックつけるよりもいいケースとフィルム買って守った方がよっぽど得だ、2年間で2万円もケースとフィルムに使わないでしょう」などということも話してくれたりしてこの人は信用できると思った。ここは電話に出る人の当たり外れがあるかもしれない。

 

②SIMロック解除・ワイモバイルにオンライン登録

ワイモバイルにキャリア変更する前にソフトバンクで購入したiPhoneのSIMロックの解除をする必要があったので、MysoftbankからSIMロック解除の申請をした。解除に必要な機種コードはサポートの人が教えてくれた。

「電話の後、オンラインでワイモバイルに登録するためのURLを送ります。」とサポートの人が言ってくれていたので、電話を切った後そのURLに早速アクセスし、ワイモバイルに登録した。

そして今朝、ワイモバイルのSIMカードが届いたところだ。

これからSIMカードを差し替えてソフトバンクを解約することになるのだが、乗り換えに実際どれだけのお金がかかったか、月々が実際にどれだけ安くなったかを「ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話②」で書こうと思う。

 

あとがき

格安キャリアの中でもワイモバイルは高いところなので、もしかしたら他にもっと安くする方法があったのかもしれない。しかし僕は少しでも安くなればいいということと、半額サポートプランという不安の種が解消されたのでかなり満足している。

たとえばこの先もっと安くしようとなると、この機種代金をもっと支払ってから機種を売るとともに他のキャリアにまた移転するなどできればと思う。そのつなぎとしては月3,000円も安くできれば上出来なんじゃないかなと思う。

今、高いなあと思っている方は、AUであれソフトバンクであれ一度電話して聞いてみればいいと思う。その際、「もう高いから他に変えようと思っている」前提で話すと、いい方向に誘導してくれるかもしれない。

 

(20.1.25追記)

切り替えしてから半年が経過したので、実際にいくら金額がかかり、どれだけ節約できたかをレポートしたので是非こちらもどうぞ。
【半年で実質2万円節約】ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話②【半年で実質2万円節約】ソフトバンクからワイモバイルに乗り換え 半額サポートプラン中でも大丈夫だった話②

 

Pocket



LIFEHACKカテゴリの最新記事